• moyenage-img01

比類のない土地、
中世から続くワイン醸造の資質

ガロ‐ロマン時代より人々が定住し文化を育んできた場所でした。ガロ‐ロマンの《ヴィラ・リュスティカ:荘園屋敷》から、中世の《グランジア:広大な領地》へ。

 

テンプル騎士たちは、ラグランジュに早くからワイン造りへの方向性を与えました。ラグランジュ・ド・モンテイユの高貴な館とペルカリュス小作地、そして、13世紀のロピタル(病院)とラ・シャペル(教会)。

 

1631年以降は、ラグランジュの所有者たちの歴史を辿ることが出来ます。