• culture-img01
  • culture-img03
  • culture-img04

葡萄栽培

ラグランジュの農法は、伝統を守りながら常に完璧な品質を追求するという目標に適っています。ラグランジュの土壌に合ったクローンや接ぎ木用台木の選択から、葡萄畑での多くの作業に至るまで、全ては出来る限り均質で、しかも、与えられた環境に適した生産を維持するという一点に集約されます。高い植栽密度、短い剪定、摘葉、7月の摘房や伝統的耕作は、コクがあり果実味の凝縮された葡萄を育成するという目標に到達することを可能にしています。伝統に則った手摘みの収穫によって最良の葡萄の房のみを選別し、最新の注意を払いながら醸造棟まで運び込みます。