• img-terroir-01
  • terroir-carte01-agilo
  • terroir-carte02-gravesfines
  • terroir-carte03-gravesgrossieres
  • terroir-carte04-gravesgrasses
  • terroir-carte05-colluvions

テロワール

全体がサン・ジュリアン地区に収まっている一続きの葡萄畑が、ギュンツ氷河期の砂利質からなる南北に伸びる二つのなだらかな丘陵の上に広がっています。粒の大きさの異なる砂利が、場所によって砂まじりであったり、鉄分の多い粘土と混ざったりしています。標高24mに位置し、その中心はサン・ジュリアンのもっとも高い地点です。作付面積は118ヘクタールで、大方の区画の水はけは良好です。

 

この他、AOCボルドー・辛口白ワインのための7.5ヘクタールの畑と、シャトー所在地近郊のコミューンに位置するオ-・メドック地区に、2012年以来生産しているル オー・メドック ド ラグランジュ(赤)の18ヘクタールの畑があります。敷地や庭などを含む当シャトーの総面積は、現在182ヘクタールです。