• Chateau Lagrange Grapes
  • Chateau Lagrange cellars

ブレンディングと熟成

醸造コンサルタントであるエリック・ボワスノ氏の方針に従い、収穫後、数ヶ月内という早いタイミングでのブレンディングを行っています。これにより、タンニンと畑の区画の特性とのより良い調和が得られます。

 

 

その後、ワインはフレンチオークの樽を使い、温度15度で一定の湿度に保たれた樽熟庫で、20ヶ月に及ぶ熟成の時を迎えるのです。新樽率は60%で、3ヶ月ごとに代々伝えられている伝統的な方法で澱引きが行われます。新鮮な卵白を使用した伝統的な清澄作業は、オーク樽内で行われます。